« 奈良田温泉<白根館> | トップページ | ぬる湯温泉 <旅館 二階堂>  ☆ »

京ヶ島天然温泉<湯都里>

Imgp5332最近の高深度掘削によるスパ銭系温泉施設は、研究熱心なオーナーや設計者の手により、下手な旅館など真似のできない客人の心をくすぐる施設が増えてきた。ただ、私が嫌いなのは、どこも画一的設計であり、どこかラーメン博物館的であり、何より決定的なのは、よくできた施設ほど混雑がひどいということだ。
高崎IC傍に先月オープンしたばかりのこの施設も例外ではない。
町田市の「いこいの湯(多摩境店)」に似た意匠の建物は、設計者が同じらしい。設備は細心に配慮されているが、意匠では、露天風呂を除き、やはりスパ銭の域を脱していないと感じる。また、それよりもどこも同じではつまらないと思う。

お湯はナトリウム塩化物・炭酸水素塩温泉。会津だかその辺りの山奥でないと味わえなさそうな香りが高崎でも楽しめてしまう優れものだ。その意味で感動してしまう。でも、最近の私は、こうした強い塩化物泉系の温泉への興味を失いつつあるように思う。なんだか飽きてしまった。ちょっとべたつく感じもいただけない。また、露天の浴槽がすべて掛け流しなのに、水風呂の泉質に配慮がないのが悲しい。

温泉メモ ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉 pH=7.3
      浴槽の温度=40~42℃  総成分量=3,640mg/kg
  住所 群馬県高崎市島野町890-3  TEL 027-350-8811
  営業時間 10~25時  630円(土日祝日780円)

« 奈良田温泉<白根館> | トップページ | ぬる湯温泉 <旅館 二階堂>  ☆ »

温泉-08 群馬」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。遅ればせながら、高崎の湯都里に行ってきましたよ。予想以上のスゴイお湯で、感激しました。個性が強く、長湯ができないのは、ちょっと引きがちです。それで、やっぱり、私も、ちょっと硫黄の香りがする、限りなく水に近いアルカリ単純泉派になりつつあります(笑)そんな温泉みかけたら、また誘ってください。

こんばんは。
「湯都里」おおむね皆さん高評価の感触のようでしたので今度行ってみようかなと思っていたところですが…
「飽きが来た」と言うのは、話を聞くに付けお湯のイメージとしてあの辺りに多い泉質ということもおありですかね?

ちなみに私も最近はイオウだ白濁だ真っ赤だ茶色だ強塩泉だ、と言うインパクトより、薄口のさらっと澄み切ったぬるいお湯が好きになって来ました。
リラックスと言う温泉最大の癒しの効果は、無色透明のぬる湯にこそあるのかなあなんて…

来月は田沢温泉でも行こうかなあと思っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93149/7933270

この記事へのトラックバック一覧です: 京ヶ島天然温泉<湯都里>:

« 奈良田温泉<白根館> | トップページ | ぬる湯温泉 <旅館 二階堂>  ☆ »