« 濃溝温泉<千寿の湯> | トップページ | 温泉クイズ正解 »

青堀温泉<静養園>

IMGP6078IMGP6088房総には黒湯が多い。黒湯とは、古代の海草が腐食して、その成分を形成しているものだから、房総の地理的特性から不思議はない。
ここは潮干狩りで有名な富津岬に近い青堀温泉。古くなった建物、B級ビジネスホテルといった雰囲気の、それにしては住宅街の只中にある不思議な施設だ。

源泉は、古く大正二年より地下700mから自噴しているらしい。
透明度20~30cmと決して濃くはない黒湯だが、塩分は比較的濃いようで、舐めると少し塩辛い。
内湯はアンモニア臭を含む。私はアンモニア臭のする黒湯は初めて。この匂いは、循環で際立つことを知っているので、鮮度感のない内湯のほうが露天より濃い匂いであることは、自然に受けとめられた。

IMGP6097男風呂の露天は、露天と言うのはちょっと恥ずかしい。
ホテルの外の駐車スペースに張り出して、そこを竹で簡単に囲っただけの小さな空間だ。頭上には、ホテルの建物の窓がある。ここの湯口では炭酸性の発泡が見られるが、見られないときもある。黒湯では珍しいが、温泉本来のものではないような気もする。しかし、温泉の鮮度は内湯より上だ。
残念なのは、非加熱源泉に浸かれないことだ。あれば、水風呂のようなものになるだろうが、是非とも欲しいところだ。玄関前に掛け流されている源泉に手を触れて、そう思った。

IMGP6109 ○温泉メモ
  源泉=青堀温泉「琥珀の湯」 総成分量=16.9g/kg
   浴槽の温度=40~41℃(加熱)
   住所=千葉県千葉県富津市大堀1528番地
  TEL 0439-87-1221
   入浴時間=未確認 入浴料=600円

« 濃溝温泉<千寿の湯> | トップページ | 温泉クイズ正解 »

温泉-11 千葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青堀温泉<静養園>:

« 濃溝温泉<千寿の湯> | トップページ | 温泉クイズ正解 »