« 那須湯本温泉<中藤屋旅館>  ☆ | トップページ | GWは… »

大江戸東山温泉

Imgp6124Imgp6131

Imgp6136

Imgp6142Imgp6143Imgp6161
Imgp6165Imgp6172_1






※ たいへん残念ですが、大江戸東山温泉は2006年12月31日を最後に営業を終了しました。

 ここは、私の家から2番目に近いところにある温泉で、越谷の「ゆの華」と並んで、私が最も多く通っている施設です。ゴムのような匂いとアンモニア臭が特長の薄褐色の強塩泉でしたが、2005年11月にそれまで使っていた源泉よりも浅い地層に存在した黒湯が混ざってしまい、今ではかつての源泉の面影は見られません。しかしながら、新しいお湯も悪くありません。こと黒湯の色の濃さという点では、東京一だと思います。
 微かにアンモニア臭が残るお湯は、総成分量6g強の重曹泉。掛け流しではありませんが、塩素臭さをこの施設で嗅いだことがないのが嬉しいところ。掲示では混入しているようなのですが、よほど微量なのでしょう。
 料金の高い「お楽しみの湯」と安い「長生きの湯」がありますが、私はいつも「お楽しみの湯」です。こちらにあるサウナと水風呂、ジャグジーになっている寝湯が好きだからです。水風呂は井水掛け流しと思われ、金気臭あるいは生臭さを伴いますが、清澄な心地よい泉質です。冷たすぎないのもいいところ。
 寝湯は38℃くらいのぬるま湯でやみつきになります。循環ですがそれなりに満足。この姿勢は腰痛持ちには天国です。
 料金はこのたび値下げしたようです。休日でも20時以降はタオルセット付きで1,000円とお得になっています。

○温泉メモ
  泉質=ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
  総成分量=6133mg/kg
   浴槽の温度=39~40℃、38℃(寝湯)
   住所=東京都目黒区東山3-1-6
  TEL=03-3712-0356
   入浴時間=10~23時(長生きの湯は、~22時)
  入浴料=HPを参照のこと  http://www.ooedoonsen.com/top.html

« 那須湯本温泉<中藤屋旅館>  ☆ | トップページ | GWは… »

温泉-12 東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大江戸東山温泉:

« 那須湯本温泉<中藤屋旅館>  ☆ | トップページ | GWは… »