« 鶯宿温泉<うぐいす旅館> | トップページ | 玉川温泉 »

銭川温泉

Imgp6244_1 東北道を降りてから八幡平への道中、想像以上に飲食店やコンビニの類がない。夕食を買うあてが完全に外れてしまった。
 後生掛温泉も銭川温泉も過ぎた先にかろうじて一軒あったコンビニでは、なぜか昨秋の空輸便で輸入した白のヌーヴォーワインを買ってしまった。他のワインの値札が誤って表示されていたのだ。何だか高いなと思ったが、気が付くのが遅かった。GWに半年も前のヌーヴォーワインを売っているのが八幡平というところらしい。

Imgp6237 八幡平に銭川温泉があるというのは知らなかった。宿は谷底にあり、旅館部と湯治部があって、建屋も分かれている。旅館部といっても今は素泊まり専門になっているようだ。湯治部はオンドル式(温泉による床暖房)らしい。宿泊した部屋は旅館部のほう。2階の窓から川が眺められる。雪解けの季節のため、水量が多く、激しく流れる音が心地よい。

 銭川温泉には2本の源泉があって、日帰りで入れるのは1本だけ。おそらく単純泉のほう。もう1本が掛け流される浴室(写真中)は自炊棟の奥のほうにあり、混浴だ。自炊棟のほうは随分と温かった。35℃以下だろう。「こりゃあ気持ちいいや」と長湯したが、風呂場で一緒になった以前にも来たことのある客は「もっと熱かった」と首をかしげる。
 実はポンプの故障だかパイプの損傷だかで、雪解け水が混入したためらしい。本来の湯は味わえなかったが、ぬる湯好きとしてはかえってよかったかもしれない。

Imgp6243_1 日帰りでも入れる湯のほうもそう熱くはない。湯量が細いのに誰かが水で薄めてしまったとかで、ここも39℃くらい。こちらの浴槽の写真(写真下)は朝撮ったもので、湯量が細すぎてなかなかお湯がたまらなかった。
 八幡平でこんなにぬる湯づくしになるとは予想外だった。お湯は素直で入りやすい。


○温泉メモ
  泉質=含ホウ酸食塩泉、単純温泉
   住所=秋田県鹿角市八幡平トロコ
  TEL=0186-31-2336
   入浴時間=7:00~20:00 (朝は問い合わせたほうが無難) 
  入浴料=400円

*** おまけ ***

 道中、目撃したバス。いい味出してます。
 Imgp6236
Imgp6234

« 鶯宿温泉<うぐいす旅館> | トップページ | 玉川温泉 »

温泉-02 秋田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銭川温泉:

« 鶯宿温泉<うぐいす旅館> | トップページ | 玉川温泉 »