« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

星空の湯りえっくす

Imgp7043Imgp7037








小海リゾートシティ・リエックスに今年の6月にオープンしたお洒落な施設だ。
温泉施設そのものは、それほど豪華というわけでもなく、こじんまりとしているが、露天の雰囲気や明るい内湯の設計は抜群だと思う。
内湯には、湯の花が舞う源泉掛け流しの浴槽もあり、私はそこばかり浸かっていた。
インパクトのある湯ではないが、浴槽の大きさに対して十分な量の湯が掛け流されており、泉質が自分に合うこともあってか、なかなか気持ちよかった。
匂いはあまりないが、塩気を含み、かなりのだし味。

Imgp7041Imgp7049








絶景の露天風呂は、残念ながらカルキ臭が強いが、涼むのにはいい場所。
後から調べてみると、写真の露天風呂のほか、石の露天風呂もあり、女湯がそうであったと思われる。

Imgp7031_1Imgp7032Imgp7053





リゾートというだけあって、スキー場のほか、写真のようなホテルや教会がある。

○温泉メモ
  泉質=ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩温泉
  浴槽の温度=40℃(源泉浴槽)
  住所=長野県南佐久郡小海町松原湖高原 TEL=0267-93-2211    
   営業時間=6~23時 入浴料=800円(大小タオル付)

西山温泉<老沢温泉旅館>

Imgp6935浴室の扉を開けると、硫黄臭が香る。棺のように見える湯船。浴室の奥には温泉神社が!?
大きな開口部がなければ、陰気この上ないであろう浴室だが、ほどよい陽射しのおかげで時間の流れは穏やかだ。
温度の違う湯船が3つ。ここでは一番温いのが気に入った。硫黄臭は慣れるとあまり感じなくなってくるが、黒い湯の花が舞い、長く入るほど味が出てきそうなお湯だ。

Imgp6939 今回は宿の都合で、短い時間で出ることを条件に立ち寄り入浴ができたのだが、もっとゆっくり入っていたかった。
詳しいレポは再訪のときにとっておこう。

○温泉メモ
 浴槽の温度=39℃、42℃、45℃以上?
 住所=福島県河沼郡柳津町五畳敷字老沢114
 TEL=0241-43-2014  混浴
  営業時間=要問い合わせ  入浴料=400円

平日の箱根湯本へ

本日、会社は特別休暇。車で買い物を終えてから、どこか近場でもと箱根に向かいます。なんだか、最近は月に2回くらい通っている。
空いているかと思いきや、湯本は平日でもおばさんがたの天国となっていました。

先日の箱根オフ会で某氏が酷評していた、有名な「初花」の蕎麦を食べたのですが、たしかに普通の蕎麦でした。名が先行していますね。大きなテーブル席には私の他に一人旅らしき女性が2人いて、平日の箱根って、こうなのかなあとちょっと不思議でした。

さて、折角箱根に来たのだからと、新装なった「ますとみ旅館」へ。地下にバーのような食事処を造っていましたが、雑誌か何かの取材なのか、撮影中でした。浴室は変わっていないそうですが、スチームサウナのようにどっと疲れる温泉。湯気がこもっているからじゃないかという気もするのですが、女将さんは湯に自信を持っているようでした。掛け流し湯は40℃くらいですが、加熱湯が槽内注入されており、浴槽のお湯は熱め。

ますとみでくたーっとなったので、安穏で平和的な湯に浸かりたいと、河口湖を通過し、正徳寺温泉(こちらも「初花」)へ。今日はぬめりは復活していました。やはり気持ちよい。湯に浸かりながら眠ってしまった。

西山温泉<下の湯>

Imgp6911奥会津には、くすんだ赤か青の、けだるい屋根の色をした民家の集落が点在する。人気を感じることは少なく、その車窓からの風景は、訪問者をふいに孤独感に誘う。
西山温泉の傍には民家もなく、ただ数軒の温泉宿があるだけだが、これが逆に奥会津らしくない。ここまでの道中の風景が、奥会津の文化を代表するようなものばかりだったので、普通の温泉宿にやって来たという安心感があった。

Imgp6919滝の湯の角部屋から外を眺めると、吊り橋とその向こうに一軒屋が見えており、そこだけ何か寂しく見える。
思ったとおり、そこが下の湯だったのだが、宿を営む老夫婦は、普段は農作業に出ており、訪れても入浴できないことが多いそうだ。今回は、滝の湯に宿泊し、朝すぐ出かけたため、入ることができた。
道は少し分かりにくいが、滝の湯の宿の裏へ向かう道を進み、ぐるっと廻って吊り橋を渡る。滝の湯からは歩いて3分ほどの近さだ。

下の湯のご主人はこたつに寝転んで、サンデープロジェクトを見ていた。
宿というより普通の家に上がりこんだような雰囲気だ。
浴室は一つきりだが、閉塞感はない十分な広さで、明るい。入った途端、揮発性の匂いが鼻をつく。シンナー臭や油臭の類だが、弱いが隠れて硫黄も入っている。
この癖のある匂いは奥会津らしくなく、西山のほかの湯ともまったく違う。

湯はかなりの熱さで、2槽ある片方には熱くて入れない。火傷しそうなくらいだ。
白い線状の湯の花が目立つ。はっきりした塩味と不思議な薬臭い味。湯上りはべたつく。

Imgp6925Imgp6926Imgp6928   

○温泉メモ
  源泉名=下の湯
  泉質=塩化物泉
  成分総計=5,352mg/kg(滝の湯源泉) pH=6.8
  浴槽の温度=43~48℃程  混浴
  住所=福島県河沼郡柳津町五畳敷下ノ湯 TEL=0241-43-2424    
   営業時間=不定(入れない場合が多いらしい) 入浴料=400円

西山温泉<滝の湯旅館>

Imgp6893西山温泉は県道から見ると谷底にある。宿の他には何もない。何しろ、南郷からここに来るまでガソリンスタンドすら一つもない。地図に載っているスタンドも消えていた。
湯治宿のような宿もあるが、滝の湯と中の湯はカップルやファミリー向けだ。建築は中の湯のほうが本格的だが、ロケーションでは滝の湯に分があるだろう。
内湯や露天からは川を挟んで滝が見える。自家源泉である滝の湯源泉のほかに荒湯源泉も引いており、宿泊すれば2種類の湯が楽しめる。

Imgp6899ただ、2つの源泉は思ったほど違うものではなかった。最初に荒湯源泉に入ったが、少しツルツルし、硫黄はないが、仄かに温泉らしい匂いがする熱い湯。滝の湯は細かい湯かすを含むお湯だが、正直これを書いている段階でどちらの印象もあまりなく、申しわけなくも思う。露天のロケーションのよさと夕食のメニューが少し変わっていて面白かったことを覚えている。料理は美味しくいただけた。
女将さんが凛としていて、対応もよく、好印象。

○温泉メモ
  源泉名=滝の湯(内湯女湯)、荒湯(内湯男湯、混浴露天)
      ※内湯は20時に男女入れ替え、露天は19~21時が女性専用時間
  泉質=塩化物泉
  成分総計=5,264mg/kg(滝の湯源泉) pH=7.0
  浴槽の温度=43~45℃(内湯)、39~40℃(露天) ※温度は大きく変わる模様
  住所=福島県河沼郡柳津町砂子原長坂829番地 TEL=0241-43-2311    
   立ち寄り入浴の営業時間=未確認 入浴料=未確認
  HP= http://www2.wbs.ne.jp/~takinoyu/index.htm


Imgp6888Imgp6906_1  








宿泊料は10650円、12750円(消費税と入湯税込み)の2コースあり、料理が異なる。写真は10,650円の場合。夕食(左)には、そうめんかぼちゃやズッキーニ等、自家栽培の野菜を素材にしたものが並ぶ。

湯の花温泉<天神湯>

Imgp6869湯の花温泉のだだ広く寂しい目抜き通りの横、一段下がったところにちょこんと立っている湯小屋。
ここが共同浴場と分かったときは、少なからず驚いたものだ。
以前訪れたときは工事中で入れなったが、ようやく入浴することができた。
浴槽周りはコンクリートだが、天井は高く、木作りで味わいがある。

Imgp6872湯のスペックは、分析表を見る限り、石湯を縮小したような感じで、たしかに石湯ほどの芯のある浴感ではない。
ここは素朴な湯もさることながら、少し奇妙なロケーションで浴場の雰囲気を楽しむところかもしれない。




○温泉メモ
  泉質=単純温泉(弱アルカリ性)
  成分総計=約575.7mg/kg
  浴槽の温度=42℃  混浴
  住所=福島県南会津郡南会津町湯ノ花    
   営業時間=未確認
  入浴料=200円

湯の花温泉<石湯>

Imgp6859湯の花温泉は、飲食店はまったくないような寂しいところだが、視界は開けている。
道路から川の方へ歩いて2分ほど。 車が通れない橋からは、もう石湯の湯小屋が見える。
小屋は、川の水位が上がったら、すぐに流されてしまいそうだ。温泉が滲み出しているのだろうか、岩盤となる「石」が小屋の壁を刳り貫いている。
素敵ではないか、このロケーション。湯小屋の奥の扉を開ければ、足元には川が流れる。この日は激流で、眼下の光景はワイルドでダイナミック。もし足を滑らしたら、そのまま流されて命はないだろう。

Imgp6861 温泉は淡白ながらも、石膏系のまろやかさ、不思議な力を持っており、激熱のはずだ。はずというのは、前回の記憶より温いし、入れ違いに若者たちが出て行ったので、加水されているかとも思うからだ。前回のような硫黄臭は感じられなかったが、湯はよい。
温い湯が好きだが、ときどき例外的に熱くても大丈夫な湯がある。ここなどがそうだ。足の爪が剥れそうなくらいなのに。

Imgp6864今回は大雨の後だったためか、我々と入れ違いの先客の他に客は見なかった。普段は結構人気のある共同浴場で、前回などはとっかえひっかえ中年夫婦が来て辟易した記憶がある。
ここは混浴なのだ。彼らはすぐ加水する。一人で修行僧のように訪れたい人は、朝のうちがよいだろう。

詳細な温泉分析表が掲示された。
以前は「塩化物泉」と掲示されていたが、現在は「単純温泉」となっている。

○温泉メモ
  泉質=単純温泉(弱アルカリ性)
  成分総計=約800mg/kg
  浴槽の温度=45℃以上  混浴
  住所=福島県南会津郡南会津町湯ノ花    
   営業時間=6時~22時(?) ※夕方か夜だったか地元専用時間帯あり
  入浴料=200円
 Imgp6856 Imgp6858

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »