« シエスパで起きたこと | トップページ | 弁天温泉<弁天温泉旅館> »

岩下温泉旅館(旧館)

Imgp8465山梨には、普通の人なら文句が出るくらい冷たい温泉がいくつもある。
怪我の湯治で有名な下部温泉もそうだが、ラジウムで名高い増富温泉然り。
そして、甲府盆地では、この岩下温泉だ。
山梨最古の温泉と謳っている。

分かりづらいところにあり、雁坂道からけっこう離れている。
走湯(そうとう)神社の近くなので、地図で神社を確認するとよいだろう。

Imgp8426岩下温泉旅館は旧館と新館とに分かれており、日帰りできるのは旧館の方。
男女別のやや狭い内湯のほかに、有名な混浴の大浴場がある。露天はない。
男女別の内湯は、浴槽が二つあり、一つは非加熱掛け流し、一つは加熱循環のようだ。
循環とはいえ、客もまばらで、湯が死んでいるという程でもなく、消毒臭も皆無だった。
大浴場のほうは、男女別の内湯と廊下ひとつ隔てた向かい側にあり、脱衣所はないので、裸で廊下を渡る。

Imgp8442_1浸かってみると、イメージどおり下部温泉の源泉館の記憶が甦る。
湯口では温かみを感じるものの、大きな浴槽の湯は、湯などというものではなく、
どうみても水である。成分総量も200mg程と薄く、無色透明で匂いもない。

たしかに冷たいのだが、私が水風呂好きということもあって、なかなか素敵な水風呂大浴槽だなという感想。けっこう長く浸かってしまった。
不思議なことに、体が冷えるという感じはせず、出るのが惜しまれるような心地よさがあった。夏ということもあるだろうが…。
何しろ薄いが、CaとHCO3の比率が高めで、温泉の性格もそれらしいところがあるような気がする。さらさらとして清澄な、という印象。

Imgp8449_1 ○温泉メモ
 源泉名=岩下温泉(第二湧泉)
 泉質=アルカリ性単純温泉
 成分総計=217.4mg/kg pH=8.7
 浴槽の温度=29~30℃(源泉槽、6月)
 住所=山梨県山梨市上岩下1053
 TEL=0553-22-2050
 入浴料金=300円(1時間程度)
 営業時間=9:30~20:00
 休館日=毎週月曜日
 HP= http://iwashita.fruits.jp/index.html

Imgp8468_1Imgp8437Imgp8463





こちらは新館の玄関。    旧館大浴場の上は、休憩室になっています。

« シエスパで起きたこと | トップページ | 弁天温泉<弁天温泉旅館> »

温泉-14 山梨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シエスパで起きたこと | トップページ | 弁天温泉<弁天温泉旅館> »