« 支那麺 はしご 入船店(東京・入船) | トップページ | 加賀井温泉<一陽館> »

奥蓼科温泉郷<渋・辰野館>  ☆

Imgp9373_2渋・辰野館は忘れられない温泉である。
森の中に時間に取り残されたように佇む玄関口の風情。
白樺を眺める露天の風情。
内湯では、杉や檜を使った木造りの風情。冷たい打たせ湯に硫黄が香る。
冷たい源泉をそのまま使用しているが、内湯、露天とも過熱したお湯を満たした浴槽がある。交互浴好きには堪えられない。

Imgp9375浴感は冷たい源泉のほうが素晴らしいが、加熱槽もしばらく入っていると、体に染み入ってくるような力を感じる不思議な温泉だ。
酸性で、40分も浸かっていると、手が恐ろしく皺くちゃになる。こんな現象は、渋・辰野館と福島のぬる湯温泉でしか経験したことがない。

もう一つ不思議なのは、そのまま掛け流しの水風呂源泉のほうが白濁し、加熱槽のほうが透明だったこと。普通は逆なのだが…。
なお、浴場は男女それぞれ3つあるが、手前の大浴場は温泉ではないようだ。

Imgp9363_3Imgp9342_2 








Imgp9355_3  ○温泉メモ
  源泉名=渋鉱源泉
  浴槽の温度=20℃程度、40~41℃
  住所=長野県茅野市奥蓼科温泉
  TEL=0266-67-2128 
  入浴料金=1,500円
  営業時間=11:00-16:00
  URL=http://www.sib-tatu.com/index.htm

« 支那麺 はしご 入船店(東京・入船) | トップページ | 加賀井温泉<一陽館> »

温泉-15 長野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 支那麺 はしご 入船店(東京・入船) | トップページ | 加賀井温泉<一陽館> »