« 遊佐未森 Do-Re-Mimo | トップページ | 早戸温泉<つるの湯> »

美かさ

R0014338

R0014350_2

観測史上最高の猛暑の最中、天ぷらを食すことにした。
店は全国区で評判の高い「美かさ」である。門構えからして良く、店内もセンスよくまとめられている。
カウンターだけの10席。贅沢な時間を過ごせた。写真は出された全品。コースは一つに決められている。

R0014367R0014357
R0014374R0014365R0014353R0014351 
全てに匠の技を感じるということはなかったが、海老の剥き身の入った椎茸が出色。魚も美味い。小メロンを除いてオーソドックスな品々。ただ、天婦羅という料理がそういうものなのかもしれないが、美味いのだが感動はない。素材の魅力を、混じりっ気なしに、凝縮して引き出すのが天婦羅という料理なら、フレンチや懐石料理とは料理の方向性が違うのかもしれない。また、そうだとすれば、天婦羅はもっとシンプルで庶民的でなければならないだろう。

R0014376R0014371 R0014354R0014359
R0014416R0014418
R0014347R0014333
R0014342R0014386

「美かさ」
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-9-15
Tel. 044-853-1819
東急田園都市線宮崎台駅徒歩4分
17:30~、19:30~の2部制。完全予約制。
予算1万円~1万2,000円程度

« 遊佐未森 Do-Re-Mimo | トップページ | 早戸温泉<つるの湯> »

プチグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遊佐未森 Do-Re-Mimo | トップページ | 早戸温泉<つるの湯> »