« 白骨温泉<泡の湯>  ☆☆ | トップページ | 沓掛温泉<小倉乃湯>  ☆ »

中房温泉

R0014521
                               不老泉
中房(なかぶさ)温泉は、山奥の秘湯というに相応しい。
登山口にあるため、宿泊客の多くが登山客のようだ。
土曜日ではあったが、随分と大勢の客が宿泊していた。150~200人くらいになるだろうか?
また、温泉マニアにとっても、避けては通れない関門のようなところという印象がある。
期待で胸も高鳴るというものだ。

宿の敷地は広く、山を抱えているような感じで、十幾つもの浴槽がある。湧き出たまま、ほったらかしの源泉は、もっとある模様。
1泊だったので、全部は回りきれなかったが、十分楽しめた。
お湯はそれほど変化に富んだものではない。全体的に共通してアルカリが強く、ツルツルする。

R0014495_3 R0014505
月見の湯              根っこ風呂
R0014544 R0014533
薬師の湯              大湯

月見の湯と根っこ風呂は同じ源泉のようで、硫黄の香りがする。
浴室を見た感じでは入る気にならないが、お湯にとろみがあっていい感じなのが、薬師の湯。
アルカリが強く、きりっと引き締まるのが大湯で、浴室の空間美なら、迷わず不老泉というところ。
R0014551_2
一番優しい湯という印象を持った御座の湯は、ウェストン卿が泊まったという部屋のある棟にひっそりとあるのだが、これが廃屋のような有様で、どの宿泊棟も古い。
唯一、綺麗なのが不老泉のある建物だが、ここは浴場だけのようだった。
私達が宿泊した棟は、料金が安いので、そんなものだろうが、上のクラスでは、取りすぎの料金という印象だ。

食事にも、松茸、ビーフ、牛乳の販売を呼びかけたりで、商魂たくましい。
食事は、お世辞にも美味しいとは言えないため、あくまで素朴に温泉を楽しみたいという方向けの宿だ。

R0014539 R0014513
岩の湯               滝の湯
R0014509 R0014537
地熱浴場              朝食
R0014525 R0014528
夕食(一)              夕食(二)

R0014553

○温泉メモ
  泉質=単純硫黄温泉/アルカリ性単純温泉
  住所=長野県長野県安曇野市穂高有明 7226 (冬季は別)
  TEL=0263-77-1488 (冬季は別)
  HP=http://www.nakabusa.com/ 

« 白骨温泉<泡の湯>  ☆☆ | トップページ | 沓掛温泉<小倉乃湯>  ☆ »

温泉-15 長野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白骨温泉<泡の湯>  ☆☆ | トップページ | 沓掛温泉<小倉乃湯>  ☆ »