« ヨシャーの湯 | トップページ | 中房温泉 »

白骨温泉<泡の湯>  ☆☆

R0014441
微かに、自分を呼ぶ声が聞こえ、それが天国とのお別れを告げる声であることに気が付いた。
グループでの湯巡りのため、集合時間が来て、現実世界に引き戻されてしまったのだ。
これから深遠なる世界へ入っていくところだったのに…。

白骨温泉は、白濁した硫黄泉の代名詞的存在として知られているように思う。
松本より西、安房トンネルへ向かう方向にあるため、東海地方からの客も多いようだ。
ここの露天は、マスコミでもよく取り上げられるため、超有名。
混浴の大露天風呂といえば、先ず思い浮かぶのが白骨の泡の湯というくらいの、温泉界のブランド旅館に立ち寄り入浴した。
今回が2度目の訪問になる泡の湯は、乗鞍側から入ると、白骨温泉の入り口にある。
宿泊はどの宿もお高い白骨ではあるが、泡の湯では、朝に行けば、宿の風呂に入ることができる。

お湯は、硫黄泉では珍しいぬる湯である。
混浴大露天も内湯も37℃くらい。違うのは、湯の色と生命力。
混浴大露天は、白濁し、女性がタオルを巻かなくても心配ないほど白濁している。
しかし、内湯の方は白濁していない。つまり、鮮度が高いということ。
それだけではない、内湯でだけ楽しめる泡々の量の凄いこと。皮膚の表面でパチパチはじける。
気持ちよいこと、この上ない。

人気の施設なので、次から次へと客が入ってくるが、皆、お目当ては混浴大露天風呂。
内湯の、しかもぬる湯の浴槽に浸かる人は少ない。
この湯の素晴らしさを知らぬまま、帰る人が殆どだろう。
おかげで、ゆっくりとトリップすることができる。
自分にとっては有難いことだが、なんと勿体ないことだろう。

硫黄泉は、大きく、硫酸塩泉タイプと炭酸水素塩温泉タイプに分かれるように思うが、泡の湯は後者。
いくら入っても暖まらない。温いからではなく、成分組成が冷えの湯のタイプだからだ。

混浴大露天の話になるが、打たせ湯の高さがなかなかのもの。
これより高いのは、那須の大正村幸の湯温泉くらしか思い浮かばない。
肩や背中のマッサージに打ってつけ。

午後の立ち寄り入浴は、宿の方は使わせてもらえず、日帰り客専用の施設になるらしい。
そこには、ぬる湯はないので、ご注意のこと。
なお、2012年まで乗鞍側からのルートしか利用できないとのこと。

○温泉メモ
  泉質=含硫黄-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩温泉
  住所=長野県松本市安曇4181長野県松本市安曇4181
  TEL=0263-93-2101
  HP=http://www.awanoyu-ryokan.com/

« ヨシャーの湯 | トップページ | 中房温泉 »

温泉-15 長野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨシャーの湯 | トップページ | 中房温泉 »