« 京都を歩く(二) | トップページ | 美齢 »

鍵善良房

R0015914
昔、金沢に住む叔父から、母の住む実家に、くずきりが送られてきたことがあった。
和菓子にはあまり興味がない自分だったが、このときのくずきりが随分と美味しく、くずきりは自分にとって、単なる和菓子の範疇に納まらない特別なものとなった。
それ以来、デパートの食品店街や浅草等に行って、くずきりを目にすれば、買い求めた。しかし、これぞくずきりという、納得したものには出会ったことがない。

そういうわけで、せっかく京都に行くのだから、くずきりの名店があるはずとネットを検索して見つけたのが、この店だ。
鍵善良房(かぎぜんよしふさ)は四条通りに本店があるが、最初に入ったのは、高台寺(こうだいじ)店の方だ。ねねの道から西へ1本ずれた通りにある。本店より狭いが、場所柄落ち着く。

R0015696
看板のくずきりは黒蜜と白蜜とある。両方食べてみたが、黒蜜の方が断然美味しい。
蜜の味は濃厚な甘さだが、不思議とくどく感じない。くずきりの不思議な感触との相性は、天の恵みとしか思えない。
くずきりというものを発見した人もすごいが、黒蜜と合わせたことは、日本食文化の最も恵まれた出会いの一つだと思う。
水上勉氏の気に入りだったくずきりの名品だが、氏が書くように、お替りしたくなる美味しさだ。

ところで、普段口にしない黒蜜であるが、同じ京都旅行で入った宝泉茶寮の、わらびもちに供えられた黒蜜は、甘さを抑えたものであった。どちらも素晴らしく、和菓子もなかなか奥深いと感じた。

R0015707
高台寺店

R0015909 R0015706
グリーンティー

高台寺店があまりに気に入ったので、翌日、本店にも伺った。
こちらは賑やかな四条通りに面しているが、中に入ると、表の喧騒が嘘のように、穏やかで居心地の良い空間が広がっていた。

R0015917
本店(四条通り)

http://www.kagizen.co.jp/

« 京都を歩く(二) | トップページ | 美齢 »

プチグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都を歩く(二) | トップページ | 美齢 »