« PHOTOGRAPH  ERIN BODE | トップページ | 京都を歩く(二) »

京都を歩く(一)

R0015717
12月上旬、紅葉も終りの頃の京都を訪れた。
歳のせいか、神社仏閣も昔ほど退屈ではない。
それでも、観光地化されているにしても、それはそれで京都の町を歩くことの方が楽しい。
普通は「街を歩く」と書くところだが、京都の場合は「町を歩く」と書きたくなる。

R0015819

R0015797
高台寺  水面に映る紅葉は神秘的な美しさ

R0015816
高台寺の竹林

初日は南禅寺から始めて、円山公園を横断し、ねねの道、八坂の塔を通り、宿へ向かう。
夜は、ねねの菩提寺である高台寺のライトアップを楽しんだ。
翌朝は宿から歩いてすぐの清水寺へ。修学旅行の記憶は最早なかった。
清水から北へ抜ける雑踏も楽しい。
突き当りを右に曲がると、坂本龍馬の墓へ続く。大河ドラマの影響でたいへんな人気だ。きつい坂道と何十段もの階段を上り、龍馬にありがとうを言ってきた。
墓は供え物で騒々しかったので、写真は載せない。(続く)

R0015821
八坂の塔

R0015823

R0015865 R0015868
R0015890 R0015898

« PHOTOGRAPH  ERIN BODE | トップページ | 京都を歩く(二) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PHOTOGRAPH  ERIN BODE | トップページ | 京都を歩く(二) »