« カリスマ | トップページ | 日光澤温泉 ☆ »

手白澤温泉 ☆☆☆

R0018809

R0018791

手白澤温泉再訪の念願が叶いました。5年半ぶりの再訪になります。
初訪問時は紅葉の美しい季節で、温泉マニア集団のオフ会でしたから、興奮もあって、とてもよい印象と記憶が残っています。自分の中では一番気に入りの温泉という感があって、今回はそれが思い過ごしでないことを確認するという目的がありました。
  前回訪問時の記事はこちら:
    http://hiro33.cocolog-nifty.com/ichiyu/2007/04/post_d116.html

R0018793 R0018802

お湯は、火山系の硫化水素と硫酸バリバリのものとはだいぶ違い、硫黄は香るものの、爽やかでライトな感じのする泉質です。
これは、全体の1/3をHCO3が占めるからだと思いますが、硫黄や硫酸もけっこう含まれていて、じっくり浸かっていると決して緩いお湯ではないことが分かります。僕にはとても合います。
色は微白濁の透明で、白と黒の湯の華が多く浮遊しています。
内湯は熱め、露天は温めに調整されています。

R0018818 R0018822R0018826 R0018831R0018832 R0018836

R0018820夕食は和とフレンチの折衷で、全て箸で食べます。けっこう美味しいのですが、ワインのメニューを見せられると、なんだか山奥の温泉宿としては違和感を覚えなくもありません。
まあ、その辺はたいして重要なことではないでしょう。なにしろ、いいお宿だと思います。

手白澤温泉はやはり素晴らしいです。お湯の素晴らしさも確かめられましたが、浴室をはじめとする建築意匠にも強く惹かれます。
ここで☆評価を上げようと思います。本ブログ初めての三ツ星ということになります。
末永くお付き合いしていきたい宿です。

R0018815

R0018785

http://www.teshirosawa.co.jp/

源泉名=兵次郎の湯
泉質=単純硫黄温泉(硫化水素型)
泉温=52.2℃(内湯=41~42℃、露天=38.5~39℃)
成分総計=624mg/kg(HCO3=210.4 SO4 2-=92.5 HS-=2.6 H2SiO3=131.5 H2S=3.7)pH=6.9

« カリスマ | トップページ | 日光澤温泉 ☆ »

温泉-07 栃木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カリスマ | トップページ | 日光澤温泉 ☆ »