« 白根山と志賀高原、渋温泉 | トップページ | 群馬県のとある冷鉱泉 »

プリシラ・アーン ナチュラル・カラーズ

R0020288

ドライブの途中、調布IC近くでJ-WAVEから聞こえてきた美しい声の持ち主は、どこにでもいる若い女の子のように笑いながら、英語で軽やかに話しながら、自分がジブリアニメの大ファンで日本が大好きということを伝えていた。
そして何より澄んだ美しいVOICEで歌われる「さよならCOLOR」(だったと思う)に惹きつけられた。(彼女の声は、どこか日本の女の子ぽい響きをしているなと感じたけれど、彼女の母親が韓国人と知って納得した)

プリシラは前作「幸せの見つけ方」で随分といろいろな表現に挑戦していて驚く。けっこうマニア受けもするアーチストなんじゃないかと思う。
それが、新作「ナチュラル・カラーズ」では、J-POPを中心にしてビートルズやフレンチポップを含むポピュラーなナンバーを淡々と歌っている。これが不思議で素敵なアルバムに仕上がっている。
不思議というのは、ヒーリング・ミュージックのような面と日本歌謡色の強い面が調和している様(さま)のこと、そして、このアルバムの魅力が、日本人以上に日本語の美しさを引き出したとも言えそうな、その日本語歌唱の微妙な味わいにもあるんじゃないか(?)と思わせるところです。

R0020254

とにかく、このアルバムは純然にポップスであり、素敵な歌でいっぱいだ。
プリシアの音楽は、天性の美声から、歌唱から、選曲や構成のセンスから、出てくる音楽から感じる人間的な魅力まで、すべて文句なし。
ユーミンや細野さんのオリジナルよりも、プリシラのカバーの方が断然いいんだけど。。。
陽水まで歌っちゃって、「帰れない二人」なんて曲、どこで知ったんだろう?

素晴らしすぎて、時間が許す限り、何度も繰り返しかけてしまう。
美しさのあまり涙が出るし、とても癒される。なんだろう、この感じ?
素晴らしいアーチストとの出会いは、いつもワクワクする。

« 白根山と志賀高原、渋温泉 | トップページ | 群馬県のとある冷鉱泉 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白根山と志賀高原、渋温泉 | トップページ | 群馬県のとある冷鉱泉 »