« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

嶽温泉<小島旅館>  ☆

Img_1084

岩木山山麓にある温泉で、こじんまりではあるが温泉街としてまとまっていて一般受けしているのが嶽温泉だ。

蔵王温泉をマイルドにした感じの酸性硫黄泉で、なかなかよい。
小島旅館は如何にも昭和風の古い建物だが、汚い感じはせず、この浴室も私はすこぶる気に入った。
浴室は内湯しかないようだったが、温度の異なる二つの浴槽があり、温い方(写真手前)は40℃くらいだったろうか、この手の泉質にしては温めで私好みだった。

Img_1083

酸性・含硫黄―カルシウム―塩化物泉
成分総計=2,991mg/kg
pH=2.15
浴槽の温度=40℃, 43℃
住所=青森県弘前市大字常盤野字湯の沢20
Tel=0172-83-2130
HP=http://kojimaryokan.com/

百沢(ひゃくさわ)温泉<㈱百沢温泉>

Img_1077

津軽三味線のライブを聴くために弘前市街に泊ったのですが、もしそれがなければここに素泊まりするつもりでした。

百沢温泉は如何にも土類系の炭酸泉で、金気も多く、力強いお湯です。
メイン浴槽の他に一人用の小さな浴槽があって、そこでは炭酸がはじけています。

けっこう熱い湯なのでゆっくりできません。
客もひっきりなしに来る人気の施設で、なんとなく馴染めませんでした。
ほんの数分で退散したのですが、それでもぐったりしてしまいました。
岩木山周辺を代表する温泉だと思います。

ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
成分総計=3,990mg/kg
pH=6.6
浴槽の温度=43~44℃
住所=青森県弘前市百沢字寺沢290-9
Tel=0172-83-2226
外来入浴時間=8:00~22:00
宿泊=4,150円~(素泊まりのみ) ※更に安い湯治部屋もあったはず

三本柳温泉旅館

Img_1073

七年半ぶりの青森の湯巡り。GWを利用して実現した。
鳴子に一泊、弘前市街に一泊した翌朝の第一湯が三本柳温泉だった。
なんとなく青森に行くということになって、二人から勧められたというネガティブな理由。

パッとしない田舎のぼろ宿で、炭酸が強いと聞いていた割には、それほどでもなかった。
泡つきはあったと思うけど、パチパチ弾ける感じではなく、それより炭酸水素塩泉らしい心地よさとちょっと変わった草のような色の湯が印象に残った。
浴室は内湯だけなのだが、その隅に掛け湯槽があり、そこだけ金気が強かったので別源泉かもしれない。

Img_1072

ナトリウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
成分総計=1.45g/kg
pH=7.96
浴槽の温度=42℃
住所=青森県弘前市百沢温湯7
Tel=0172-83-2508

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »