« 2013年6月 | トップページ | 2014年4月 »

2013年7月

松の湯温泉<松渓館>  ☆☆

Img_1608

群馬のぬる湯を求めて、川原湯の近くにある松の湯温泉に泊った。
一軒宿で浴室が一つしかないため、客は一日2組しかとらない。
女将に聞いたら、もっととるときもあるそうだが…。
5部屋あるが、僕たちが泊まった部屋は6畳間が2部屋続きだった(「ききょう」と「あやめ」)。元々襖で仕切られているだけのタイプなので、最近はこのように一間として使っているのだろう。

Img_1615 Img_1620

浴室は玄関の外にある。思っていたよりも狭く、写真には写っていないが、手前にかろうじて一人分の洗い場があるだけで、湯船が殆どのスペースを占める。浴槽のタイルはだいぶ傷んでいる。22~7時に入浴できないのが残念なところ。

湯は時間帯によっても異なるが、32~35℃の超ぬる湯。冬は30℃を下回るかもしれない。加熱槽もあり、非加熱源泉と加熱源泉を自分で調整して入れられる。
佐野川や平治ほどではないが、かなり泡つきがある。それもとても繊細な泡つきで、優しい感触。
上品な硫黄の匂いがする石膏泉タイプの湯で、佐野川より硫黄や泡に依存しない部分でベースとなる浴感がある。

繰り返すが、この浴室、宿にひとつしかないため、1時間単位の貸切となる。宿泊客が2組のため、だいたい半分は入れるということになるが、それでも1時間弱で上がらなくてはならない。そのときの後ろ髪引かれ模様は凄い。これだけ立ち去り難い温泉も珍しい。
群馬を代表するぬる湯であり、硫黄好きなら此処という感じです。

Img_1610_2 Img_1611
Img_1617_2 Img_1618

食事は家庭的な品が適量並びます。宿泊費が7,500円なのでリーズナブルです。
女将さんはなんだか楽しい人です。

源泉名=松の湯
泉質=カルシウム-硫酸塩温泉
pH=7.3~7.7
成分総計=2.1g/kg
住所=群馬県吾妻郡吾妻町松谷937-3
電話=0279-67-3210
日帰り不可
http://travel.rakuten.co.jp/movement/gunma/201003/18.html
※楽天で1室出していますが、これとは別に部屋を用意しているそうです。(2013.6)

« 2013年6月 | トップページ | 2014年4月 »