温泉-10 埼玉

おふろの王様 志木店

Imgp9987ひと頃、埼玉県のスーパー銭湯建設ラッシュは目覚しいものがあったが、スーパー銭湯のスタイルに行き詰まり感(ある種の失望)を感じていた私は、それまでのように勇んで回る気になれなかった。
オープン数日目(最初の週末だったと思う)の「彩ゆ記」には出かけたが、写真を誤って消したかして記事にはしていない。
それ以来ぷっつりだが、ようやく重い腰を上げて、一番お湯の評判がよさそうな志木の店に行ってみた。

Imgp9989施設はごく普通のスーパー銭湯だが、なんとなくの印象は悪くない。
掛け流し源泉浴槽は決まって露天にあるのがスーパー銭湯だが、ここも同様で一番奥にある。
加熱しているが、消毒剤は未投入との表示があり好感。埼玉県では珍しいと思う。
おふろの王様は、花小金井店でも消毒剤未投入の源泉浴槽があり、温泉への理解があると思う。

温泉は何やら匂いが強く、気分的にはなかなかよい。
重曹泉なのにちょっと疲れる感じがするお湯で、湯温が高めのせいだろうか?
よいお湯と思ったが、ずっと入り続ける気にはなれない。非加熱のぬる湯源に入ってみたいものだ。

○温泉メモ
  泉質=ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
  成分総計=2469mg/kg  pH=7.8
  浴槽の温度=42℃  源泉の温度=34.4℃
  住所=埼玉県志木市上宗岡5-11-6
  TEL=048-485-2603
  入浴料金=700円(土日祝日800円、会員50円引き)
  HP= http://www.tatemono.com/ousama/shiki/index.html

清河寺温泉

IMGP6022 開業と共に温泉マニアがこぞって乗り込み、有名掲示板サイトに一斉に投稿された施設というのは、あまり例がありません。
以前はパチンコ屋が無料開放していた温泉が、このたび、スーパー銭湯形式の日帰り温泉施設として再出発しました。
無料開放時代は、物凄いアワアワの炭酸泉という評判でしたが、残念ながら私は入っていません。
スーパー銭湯形式になったし、無知な保健所で有名な地区ということらしく、どうせ駄目なお湯になってしまっているのだろうと、半ばあきらめモードでした。
入ってみての結論は「もう一度行きたいとは思わない」ですが、悪いお湯ではありません。
少し弁護すると、男湯ではそれほどでもない泡つきは、女湯のほうでは凄いらしいのです。しかしながら、「男女差別化はやめてほしい」と言ってみても、それは建前になってしまうでしょう。
私はこのお湯に感じるところは、あまりありません。というのは、最近の私は「アワアワ何するものぞ」なのです。
それよりも、体の芯で感じる説明のつかない力を重視します。その意味で、「清河寺温泉」は、あまり興味惹かれないお湯というわけです。

IMGP6016温泉は、露天にいくつもの浴槽がありますが、非加熱源泉掛け流しの「生源泉湯」、加熱掛け流しの「源泉岩風呂」がお湯がよく、好みが分かれるところでしょう。
一般的には、非加熱のほうがよいはずですが、ここでは不思議なことに加熱している「源泉あつ湯」のほうが、お湯がよく感じられました。
とくに湯口では、玉梨温泉や横向温泉を思わせる匂いがしており、少しにんまりとしてしまいました。

○温泉メモ
   ナトリウム-塩化物泉 pH=7.7 総成分量=4,690g/kg
   浴槽の温度=41~42℃(源泉あつ湯)、37℃(生源泉湯)
   住所 埼玉県さいたま市西区大字清河寺683-4 TEL 048-625-7373
   入浴時間 10~25時(土日祝日9時~25時) 入浴料 700円(土日祝日800円)